貴婦人のクローゼット

-命一つだけ持って枯れるまで『花』は咲くべきでしょうから-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coordinate No-013 【エイリアス愛用ドレス♀】

Alias_Dress00.png

Alias_Dress00b.png


【Encyclopedia of Coordinate】
 ◆体型    :女性標準タイプ
 ◆ヘアスタイル:特殊整髪用具 No.⑯
 ◆ヘアカラー :スモークブルー近似色(名理容師の染色料使用)
 ◆スキンカラー:白粉 No.①
 ◆頭装備   :アルヴィダの兜《フィレンツェ商工会議所 『羽根の飾り兜の製法』》
 ◆胴体装備  :エイリアス愛用ドレス♀《著名人衣装縫製法・獅子編》
 ◆手装備   :精鋼護手《漢民族の実用防具製法2巻》
 ◆足装備   :青銅製グリーヴ《Liveイベント『秘境探検レース2 & 3』報酬》
 ◆持物装備① :遊牧民の弓《冒険クエスト『弓研究の集大成』達成報酬》
 ◆持物装備② :北風神の剣《Gran Atlasプレイベント『北極海航路への挑戦』報酬》

【Location for Making Filming】
 ◆地名    :アヴァロン
 ◆場所    :山頂の黄金の樹周辺

【Coordination of Concept】
管理人のフランベルジュです。ご無沙汰しております。公私共々忙しく、開店休業をしてしまいました・・・
少しずつプライベートな時間が取れるようになってまいりましたので、コーディネイトアルバムの更新を再開致します(^▽^)b

お久しぶりの題材にチョイス致しましたのは『ワルキューレ』です。書籍やゲーム等で皆様もご存じの北欧神話の戦乙女ヴァルキュリアのことですね。こちらの題材は『エイリアス愛用ドレス♀』が実装された時期から色々とコーデを変え試行錯誤して来たのですが、最終版のコーデとなります。元々、『エイリアス愛用ドレス♀』はキャラ的に人なのか神なのかと謎の多いエイリアスが着ている衣装で、ドレスという割には古代ヨーロッパの戦鎧や戦袍に近いデザインです。ですので、初めて見た際も『ワルキューレ』が一番最初にアタマに浮かびました。また、ほぼ同時期にトレジャーハント報酬やフィレンツェ生産での『アルヴィダの兜』が実装されており、『ワルキューレコーデをしなさい』という脳内のコーデ神様(全身ピンク色)のお告げ通りにコーディネイトしました。2015年11月現在では、エイリアスタイプのドレスは色違いとして他に『ロマニードレス』と『語り継ぐ者のドレス』がありますが、一番ワルキューレとしてイメージのしやすいステレオタイプのコーデとしてはこのオリジナルの『エイリアス愛用ドレス』だと思います。だってヴァルキリープロファイルのレナスのコスプレっぽく出来るじゃないですか。グラデーションの掛かったブルーやブロンズの装飾といった神話的な主張の強いカラースキムで構成されているからです。今回のコーデはそういった青系統の風合いを活かしつつ全てブルーの派生色で纏めてみました。フィレンツェ産の羽根付き兜(サレット)は3色に色変更出来るのですが、こちらのブルーは北風神の剣と彩度は少しだけ違いますが、ほぼ同色なので対としています。剣のグリップの色が濃いめのブルー(ロイヤルブルー)なのもアクセントとして重要ポイントと認識しています。ただ、ポンメル(柄頭)とガード(鍔)が金装飾ですので、トータル的な落ち着きに欠けますので新たに金装飾が占める割合を増やしてやらないといけませんでした。ですので、金と濃いめのブルーでカラー構成されている精鋼護手をチョイスして、兜・剣・グローブで相互的な統一感を出してみました。また靴については、このドレスの最大の特徴である『非対称』を意識し、また重心を下に持ってきたかった為、短靴ではなくブーツとしました。そしてお題が『ワルキューレ』ですので、当然ながら脚甲となりました。カラーは青すぎてもダメ・白すぎてもダメ・黒すぎてもダメと思いましたので、青銅色のグリーヴに落ち着きました。あとはヘアスタイルとヘアカラーですが、兜のブルー、羽根飾りのブルーグレー、ドレスのグラデーションブルーの繋ぎとしてスモークブルー調の色合いに調色してみました。ヘアスタイルはちょっと高貴さと威厳を出したかったのでこちらのヘアスタイルとしています。・・・なかなか同色合わせというのはその日に見て良かっても、日を置いて見ると印象が変わりやすいので、難しいものですね。

※ワルキューレコスプレシリーズ(Walküre Series)として全3作を予定しています。次は『ロマニードレス♀』コーデでお会い致しましょう(^ー^)ノシ

【Coordination Remarks】
ワルキューレ(ドイツ語: Walküre)は、北欧神話に登場する複数の半神です。ですので数々の古書や戯曲、創作も入り交じり正確な人数(半神なので柱数?)や彼女達の名前は他の神々の様に余り有名ではありません。彼女達の任務は主神オーディンに仕え、来たるべき神界戦争に備え、人界の戦場に於いて王侯・騎士・戦士達の死を定め、勝敗を決する死神的存在でもあります。また、それらの魂を選り分け、人界の更に上の階層にある神界にあるといわれる、ヴァルハラの宮殿へ迎え入れて彼らをもてなす役割を担っていたととも伝えられています(勿論、神界戦争での主戦力となって貰うのが目的ですから)。北欧神話ですので、本当の呼び名はヴァルキュリア(古代ノルド語:Valkyrja)が正しいのでしょうが、世界的にも有名なリヒャルト・ワーグナーの歌劇『ニーベルングの指環』でワルキューレという名の方がメジャーとなっていますが、近年は神話を題材にした書籍やゲームなどでヴァルキリー(英語:Valkyrie)が一般的になりつつあるようですね。

ちなみに、タイトルのドイツ語は『人生は神の創った舞台だ』という意味です。

-2 Comments

アルス・テオ says..."衝撃的素敵"
こんにちは。考古学+3の服ってどんなのだっけ?と検索してこちらにたどりつきました。
TOP画がカッコ良すぎてハート撃ち抜かれてしまいました。
エイリアス服って変な服・・・くらいにしか思っていなかったのでここまでカッコよくなるとは!!
黒バージョンのバロロッソEX持っているのも素敵です。
背景にまで拘られていて本当に写真を見ているように楽しませて頂きました。
不思議の国のアリスのシリーズも大好きです。
新作はアップされるのかな?また見てみたいです。
2016.07.31 12:04 | URL | #- [edit]
フランベルジュ says..."コメントありがとうございます!"
to アルス・テオ様
はじめまして(^ー^)
コメントに気が付かず遅~い返事になりまして申し訳ありません・・・

お褒め頂き大変嬉しく思います。ありがとうございます(*^_^*)

エイリアスシリーズはテーマキャラクター専用服ということもあり
そのまま着てしまいますと違和感がかな~りありますよね。
それにちょっとファンタジー色が強いデザインでもありますので(^ー^;

不思議の国のアリスも7月に新作映画が公開されましたので公開日に
早速観て参りました。面白い世界観でしたので、次回のアリスシリーズ
にも反映してみたいなと思っています。

新作は『暑中お見舞い』的なナニカになってしまいましたが、新しい服も
含めてぼちぼちとエントリーしていきたいと思っています。

ヘンなブログですが、今後とも宜しくお願い申し上げます(^▽^)
2016.08.14 17:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。